あやぽんRSS
アクセスC&オンラインC
現在の閲覧者数:

【2007/7/17設置 重複有】

【2010/4/13設置 重複無】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Genre:

稀な現象 月食と日食

今日は、皆既月食でしたね。

いや~久々に皆既月食見ましたね。

皆既月食といえば皆既日食もありますね。

何故こんな現象が起こるかを

みんな知ってるかもしれませんが、

説明したいと思います。

maple-blog.net メイプルストーリー ファンブログ検索
皆既月食―――――――――――――――――――――

月食(げっしょく、本来の用字は月蝕)は
地球が太陽と月との間に入り、地球の影が月にかかり
月が欠けて見える現象です。
日食と違い、月が地平線より上に見える場所であれば、
地球上のどの場所からでも観測・観察することができます。

更にすべての部分が、
本影(地球によって太陽が完全に隠された部分)に入る場合を皆既月食
一部分だけが本影に入る場合を部分月食といいます。
月が地球の影により隠される度合いのことを食分といいます。

また地球の大気によって、
太陽の光のうち波長の長い赤系の光が屈折・散乱し
本影の中に入るため、皆既月食でも
月は真っ暗にはならず暗い赤色に見えますが、
火山の爆発等で大気中に微粒子が浮遊している場合、
月が暗くなって見えなくなることがあります。

月が半影(地球が太陽の一部を隠している部分)に入った状態は
半影食と呼ばれますが、明るさにはほとんど変化がありません。

なお月食の途中の欠け月が昇ってくることを月出帯食といい、
その逆に欠けたままの月が沈むことを月没帯食といいます。

月食は多くの場合1年間に2回起こりますが、
起こらない年、3回起こる年もあります。
日食は年に2回は必ず起こり、4回起こる場合もありますが、
月食の発生頻度は日食より少ないのです。
しかし日食は地球上の限られた範囲でしか見れませんが、
月食はどこからでも見えるので、
目にする回数は月食の方が多くなります。

2000年7月16日 - 皆既月食
2001年1月10日 - 皆既月食
2001年7月5日 - 部分月食
2004年5月5日 - 皆既月食
2005年10月17日 - 部分月食
2006年9月8日 - 部分月食
2007年3月4日 - 部分月食(月没帯食)
2007年8月28日(皆既)

これは2000年以降に観測された月食の年月日で、
最後は今日の月食の種類です。
これは私情ですが、
2006年の部分月食の日は俺の誕生日でした!?
マ━ジ━Σ(o゚∀゚o)━デ━!!!
神からの誕生日プレゼント?
そんなことはないだろうけどね。

2008年8月17日(部分)
2010年1月1日(部分)
2010年6月26日(部分)
2010年12月21日(皆既)
2011年6月11日(部分)
2011年12月10日(皆既)
2012年6月4日(部分)
2014年4月15日(部分)
2014年10月8日(皆既)
2015年4月4日(皆既)
2017年8月8日(部分)
2018年1月31日(皆既)
2018年7月28日(皆既)

これは今後日本から観測されると予想される年月日と
月食の種類です。

皆既日食―――――――――――――――――――――
日食(にっしょく、元の用字は日蝕)は、
太陽の一部分もしくは全体が
月によって覆い隠される現象のことです。

月の地球周回軌道および地球の公転軌道は楕円であるため、
地上から見た太陽と月の視直径は常に変化します。
月の視直径が太陽より大きく、太陽の全体が隠される場合を
皆既日食(かいきにっしょく)といいます。
逆の場合は月の外側に太陽がはみ出し細い光輪状に見え、
これを金環日食(きんかんにっしょく)といいます。
皆既日食と金環日食、及び後述の金環皆既日食を中心食と称します。

中心食では本影と金環食影が地球上に落ちて西から東に移動し、
その範囲内で中心食が見られ、そこから外れた地域では
半影に入り太陽が部分的に隠される部分日食が見られます。
半影だけが地球にかかって、
地上のどこからも部分食しか見られないこともあります。

場合によっては、月と太陽の視直径が
食の経路の途中でまったく同じになるため、
正午に中心食となる付近で皆既日食、
経路の両端では金環日食になることがあり、
これを金環皆既日食と呼びますが、頻度は少ないです。
2005年4月9日にニュージーランドから中南米で観測されましたが、
次回は2013年に起こります。

また、日の出の際に太陽が欠けた状態で上る場合を特に日出帯食、
逆に欠けた状態で日の入りを迎える場合を日没帯食と呼びます。

皆既日食の際には、普段は光球の輝きに妨げられて
見ることができないコロナや紅炎(プロミネンス)の
観測が可能になり、太陽の構造・物理的性質を
調べる絶好の機会となり、太陽のみならず恒星一般の
研究にも大きな役割を果たします。

月の表面にある起伏の谷間から太陽の光が点々と
見える状態になることがあります。
これを発見者の名を取ってベイリーの数珠(ベイリービーズ)といい、古くから月に起伏がある証拠とされてきました。
また、太陽がすべて隠れる直前と直後には、
太陽の光が一か所だけ漏れ出て輝く瞬間があります。
これはダイヤモンドリングと呼ばれます。

皆既日食が起こると夜空のように星が見えるようになり、
明るさも夜と同じような状態になります。
そのわずかな時間を利用して
1919年には相対性理論の検証が行なわれました。
皆既日食中に太陽周辺の星を観測すると、
星からの光は太陽の重力場を通ってきて屈曲することになります。
相対性理論で予想される方向と
実際に観測された方向とを比較することによって、
相対性理論が正しいことが証明されました。

太陽は黄道を1年で1周し、月は白道を約1か月で1周します。
もし黄道と白道とが一致していれば
(つまり地球の公転面と月の公転面が一致していれば)、
朔(新月)には必ず日食が起こり、
望(満月)には必ず月食が起こることになります。が、
実際には黄道と白道とは約5度の傾きでずれているため、
日食や月食が起こるのは太陽・月が
黄道・白道の交わる点(昇交点・降交点)付近にいる時に限られます。

太陽が交点付近にいる期間を食の季節と言い、
食はこの期間以外には起こりません。
食の季節は通常は年2回だが、3回ある年もあります。
これは、交点が太陽の動く方向と逆向きに動いているためで、
その周期は約19年となります。
食の季節には日食が少なくとも1回、多い時には2回起こります。
よって日食は年に2~4回は起きることになり、
稀には5回起こる(1935年に実際に起こった)。
逆に、食の季節であっても月食は起きないこともあります。

しかし、日食は月の影に入った地域でしか観測できないため、
地球全体で見れば日食は頻繁に起きていても、
ある地域に限定すると日食が観測されるのは少ないことになります。
月食は、月食が発生している時に月が見えていれば
必ず観測できるので、一般には月食の方が
頻繁に起きていると認識されていることが多いのです。

ある日食から18年と10日(閏年の配置によっては11日)と8時間経つと、
経度にして120度西の地点で
よく似たタイプの日食が起こることが知られています。
この周期は「サロス周期」と呼ばれていて、
紀元前から日食の予想に使われていたといわれています。

他の惑星でも、衛星が太陽を覆い隠す現象が起こっています。
火星では衛星のフォボスやダイモスで、
木星でもガリレオ衛星による
日食が発生することが知られていますが、
それらの衛星の視直径は各惑星上での太陽のそれと甚だしく異なり、
地球上で見るような学術的・美的価値の大きなものとはなりません。

2008年8月1日
2009年7月22日
2010年1月15日
2012年5月21日
2016年3月9日
2019年1月6日
2019年12月26日
2020年6月21日
2030年6月1日
2032年11月3日

これは今後日本で観測されると予想される日食です。
次は来年の8月になります。

21世紀中に日本では4回、皆既日食が観測可能です。
但し、一般人の立ち入りが出来ない場所
または無人島でしか観測できない場合は除いてあります。

2009年7月22日
屋久島から奄美大島北部の間で観測されます。
2035年9月2日
能登半島から茨城県の間で観測されます
2063年8月24日
北海道南部・青森県で観測されます。
2089年10月4日
宮古島の北端・尖閣諸島で観測されます。

―――――――――――――――――――――――――

以上が月食日食の原理(?)です。
途中に私情がありましたが気にせずに!?
実を言いますと月食はあまり情報といいますか、
資料があまりにも少ないので、説明する私も大変でした。
なので、内容は日食よりも薄いですが気にしないで下さい。
あまり天文学大まかに言えば理科に興味のない人には
かなり難しい言葉が並んでいたと思いますが、
PCの前で言葉の意味が分からないからといって
深刻に考えないで頂きたいと思います。
もしくわ、激怒しないでください。
それとこの記事はカテゴリーの前記事と
全然共通点や内容が一致しないため、
前記事貼っておりません!?

Comment

コメントフォーム
このエントリへコメントを書く
非公開コメントにする

Page Top

Trackback

Trackback URI
http://kamotyan1919.blog113.fc2.com/tb.php/45-7b6af372 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)

Page Top

バロメーター
全話集
更新履歴

管理人の現状や最新の全話集、PickUP記事の更新履歴。

10/19 全話集追加 Entry526
神のみぞ知るセカイ


10/19 全話集追加 Entry525
侵略!イカ娘


10/14 全話集追加 Entry524
もっと To LOVEる -とらぶる-


10/11 全話集追加 Entry522
百花繚乱サムライガールズ/a>

10/11 全話集追加 
Entry521
STAR DRIVER 輝きのタクト


10/9 全話集追加 Entry519
ヨスガノソラ


10/9 全話集追加 Entry518
おとめ妖怪 ざくろ


10/9 全話集追加 Entry517
それでも町は廻っている


10/9 全話集追加 Entry514
えむえむっ!


10/9 全話集追加 Entry516
薄桜鬼 碧血録


10/8 全話集追加 Entry513
そらのおとしものf(フォルテ)


9/30 全話集追加 Entry510
荒川アンダー ザ ブリッジ×ブリッジ


9/30 全話集追加 Entry509
俺の妹がこんなに可愛いわけがない


9/30 全話集追加 Entry507
とある魔術の禁書目録Ⅱ


9/30 全話集追加 Entry506
FORTUNE ARTERIAL 赤い約束

Entry番号・記事名クリックでリンク飛び。

プロフィール

裂

Author:裂
皆さんよろしくですにゃー。

このブログは基本リンクフリーです。
リンクを貼った場合はコメントを頂けると嬉しいです。
相互リンクを希望の方は、ブログのURL・ブログ名・管理人の名前を記入の上でメイポプレイヤーの場合は活動サーバーも一緒にコメントをしてください。
順次対応させていただきます。
その他の基本設定などはこちらを参照のこと。

Skype_ID『retuyan_slb』
Skype_名『裂やん』

キャラ紹介ページ
仮作成。
順次キャラごとのページを作成します。

maple-blog.net メイプルストーリー ファンブログ検索
ランキング系はこれのみ登録しています。

MapleStory 桜BlogLink集
さくらブログリンク集です。


バナーは直リン禁止です。
後日新しいの作ります。


現在参加しているポイントサイトです。

リンクツリー

このブログをリンクに追加する

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
多機能カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
人気記事ランク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。